ANAホールディングス(9202)の株主優待と権利確定に向けた投資判断(2020年9月Ver)

ANAホールディングス(9202)の株主優待と権利確定に向けた投資判断(2020年9月Ver)

ANAホールディングス(9202)ってどんな会社?

会社概要

航空会社で国内線・国際線でも首位。日本を代表する航空会社といえば日本航空(JAL)

でしたが、今では全日空(ANA)が事実上の日本代表ですネ

この角度から見る飛行機の写真はカッチョいいですね~

株価と指標

株価 2470円 (2020/06/26現在)
予想PER –倍
実績PBR 0.78倍
予想配当利回り 0%
自己資本比率 41.4%

・今、空運業はあまり指標を見る意味はありません

・キャッシュがそれなりに流出していると思われ、次の決算での流動資産、自己資本比率、有利子負債の増加に要注目です。

ANAホールディングス(9202)の株主優待

 

ANAホールディングス(9202)の株主優待は、保有株数に応じて国内線の搭乗優待券がいただけます。

100株の場合、片道1区間が株主優待割引運賃になる券が3月と9月基準で1枚ずつ頂けます

ちなみに金券屋に売る際は時期によって買取価格が大いに変動します。

一気に株主優待券が市場に出回る時や2020年のコロナ禍による外出自粛などがあった場合、非常に低価格での売却となることがありますので、売る時期には注意したいですネ

配当+優待利回り

100株の場合、2021年3月期は配当0が濃厚です。優待価値は3000円×2回として2.30%程度となります。

利回りがいい銘柄というわけではありますが、航空系はファンも多いですから人気化しやすい銘柄です。

 

ANAホールディングス(9202)の株主優待 9月の権利確定に向けての動き

井村屋グループ株式会社(2209)の株式を3か月前の始値で買って権利確定日の終値で売った場合、どのくらいの利益を得られるのか、過去の実績をもとに予測してみます。

ANAホールディングス(9202)の過去10年の動き

【9202】 ANAホールディングス
保有期間 始値 終値 勝敗
2010/07/01~2010/09/27 2,820 3,120
2011/07/01~2011/09/27 2,630 2,440
2012/07/02~2012/09/25 2,270 1,740
2013/07/01~2013/09/25 2,080 2,170
2014/07/01~2014/09/25 2,400 2,584
2015/07/01~2015/09/25 3,320 3,446
2016/07/01~2016/09/27 2,923 2,859
2017/07/03~2017/09/26 3,900 4,230
2018/07/02~2018/09/25 4,062 4,055
2019/07/01~2019/09/25 3,629 3,845
上記期間平均損益(1株あたり) 91円 6勝4敗
【参考】上記期間平均上昇率 1.51% 中立


2020年の投資予測

ANAホールディングスの株式を権利確定の3か月前(07月の第1営業日)の始値で購入し、権利確定日の終値で売った場合、直近10年の平均で1.51%のプラスとなる結果になりました。でもコロナ禍による影響にビビって個人的には中立(5段階の3)としてみました。

まとめ ANAホールディングス(9202)の株主優待と権利確定に向けた投資判断(2020年9月Ver)

ANAホールディングスの株は保有していません。

空運は2020年は不運で仕方ありません。来年復活してくれることを祈ってますが、東京五輪が無事開催されるのか?など株価が軟調に推移する要素がたくさんありますね。

権利確定に向けた動きも特筆すべきところがありません。

【参考】ANAホールディングス(9202)の現在の株価

楽天などで買い物をする時、

いつも以上にポイントがもらえてお得です。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

にほんブログ村 株ブログへ